余計なことに興味を示すと

半月前の夜中0時頃、表に出て涼しい夜風にあたっていたら、
向こうの方からヘッドライトを灯して、車がやって来るのが分かりました。

夜中に、煌々とライトを灯してやってくるなんて、怪しい奴です。
遠くにいるからでしょうか、妙にゆっくりと走ってきます。

この辺の住人は、もう全員寝ています。
今どき通るのは、横の大道路を避けて走る、変わった人種です。

様子が変なので近ずくまで見ていたのですが、ヘッドライトを上向きにしていたので、運転席が見えません。
ますます怪しい、というより危険かもしれません。

私の直ぐ前まで来て、やっとパトカーだと分かりました。

寝静まった裏道を見回ってくれるなんて、本当にありがたいです。

そして今夜11時過ぎ、ゴミを捨てに表に出たら、向こうの方からライトが見えました。

私、またじっとその車の方向を見ていました。

ゆっくり走ってくるので、想像どおりパトカーでしょうか。
近ずいてきたら逃げるつもりだったのですが、今日は右折して行ってしまいました。

私の姿に気付いたからかもしれません。
あ~。

もう巡回に来てくれなくなったら、どうしよう。